Skip

CONCEPT コンセプト

解決!!「16.5cmタイヤ」

段差をラクラク! 16.5cm

普段歩いている時は気にならない段差でも、ベビーカーを押して越えるのはひと苦労。日本の街に多い2cmほどの段差が、ママたちのちょっとしたストレスの種でした。そんな声をヒントにたどりついたのが、「16.5cm」という大きなタイヤ。段差をラクラク乗り越え、スイスイ走って赤ちゃんもごきげん! 親子でもっとおでかけしたくなるベビーカーです。

Φ16.5cmのタイヤには赤ちゃんとママに嬉しい工夫がいっぱい

  • 大径16.5cm

    16.5cmの大きなタイヤは、段差をラクラクと乗り越えられる安心のサイズ。歩道に上がる時などの引っかかりが少なく、小さい力でベビーカーを押すことができます。

  • 中空シングル構造

    地面に触れる面積が小さい単輪のタイヤだから、走りが軽快で小回り良好。タイヤの中に空気が入っているから振動を軽減。チューブを使っていないので、パンクの心配もありません。

  • スイング式サスペンション

    赤ちゃんへの衝撃をやわらげるサスペンションを、すべての車輪に。上下方向だけではなく前方向からの力も吸収し、段差を乗り越える時の衝撃を逃がします。

  • オート4輪切替

    対面ハンドルと背面ハンドルを切り替えると、ロックされる車輪の位置が自動で切り替わります。前方向にあるタイヤがくるっと回り、スムーズにカーブを曲がれます

PRODUCT 商品特長

ハイポジションシート

地上の熱やホコリから赤ちゃんを遠ざけるシートです

地上の熱やホコリから赤ちゃんを遠ざける、高さ54cmのハイポジションシート。ベビーカーを押しているママやパパとの距離が近くなり、いつも赤ちゃんを身近に感じることができます。幌を閉じた状態でもウィンドウがとっても大きいから、赤ちゃんといつでもコミュニケーションを取れます。

ハイポジション 54cm

計量設計

おでかけが気軽にできる5.4kgの計量設計

5.4kgという軽さは、オート4輪切替機能がついたベビーカーでは最軽量クラス。機能と軽さのバランスをとことん考えたランフィのこだわりは、使用しているタイヤ構造にも。中に空気が入っているから、路面からの振動を吸収し、走りの快適さを追求、同時に軽量化を実現しました。

タイヤの構造にも秘密あり 計量5.4kg

快適乗り心地

ゆれが少なく走りも軽やか。赤ちゃんが微笑む乗り心地。

赤ちゃんに振動が伝わりにくいガタガタ道でも静かな乗り心地。振動を最小限に抑えたボディです。オート4輪切替機能も、走りやすさの理由です。対面ハンドルと背面ハンドルのどちらの時でも、前方向にあるタイヤがくるっと可動。だから対面でも背面でもスイスイ方向転換ができます。いろいろなところへと、おでかけの可能性を広げてくれる嬉しい機能です。

スイング式サスペンション 「グラグラ」や「ガタガタ」を軽減 スタビライズフレーム

いつも清潔

風通しが良く、いつも清潔。快適さにこだわりました。

赤ちゃんの首や腰をしっかりとサポートする、クッション性に優れたシートです。赤ちゃんは1年中とっても汗っかき。だから肌に触れるシートの部位は、通気性の高さや汗の乾きやすさにこだわりました。いっぱい汗をかいても、ハグットシートSとリバーシブルシートは簡単に取り外して洗濯機で洗えるので、いつも清潔で快適です。ママも赤ちゃんも、いつも気持ちよくお出かけできます。

洗えるリバーシブルシート 通気性や耐圧分散に優れたハグットシートS TEIJIN エルク使用 風通しが良いメッシュベースシート

TEIJIN エルク

寝具の素材としても使用されている、高性能のクッション材です。素材の中に空気や水蒸気の通る隙間を持たせており、通気性にも優れています。エルク©は帝人(株)の素材です。

その他の機能

他にも機能がいっぱい!
  • 片手でラクラク操作

    ワンタッチ開閉&安定自立

    赤ちゃんを抱っこしながらでも簡単に片手でスマート開閉。たたんだ状態でも自立するので、持ち運びや収納に便利です。

  • UV99%以上カット

    大きな幌で日差しを防ぐ

    大きな幌が太陽の光を遮り、紫外線をカット。光の向きに合わせて幌の位置を調節できるので、時間帯に関わらず赤ちゃんを日差しから守ることができます。

  • 大容量バスケット

    大容量バスケット

    15Lと大容量。マザーズバッグがすっぽり入るサイズで、荷物の出し入れがしやすい形状です。

Color&Spec カラーとスペック

普段歩いている時は気にならない段差でも、ベビーカーを押して越えるのはひと苦労。日本の街に多い2cmほどの段差が、ママたちのちょっとしたストレスの種でした。そんな声をヒントにたどりついたのが、「16.5cm」という大きなタイヤ。段差をラクラク乗り越え、スイスイ走って赤ちゃんもごきげん! 親子でもっとおでかけしたくなるベビーカーです。

カラーバリエーション

NEW! 限定色

カラー/ブラウンチェック

カラー/コーラルカモフラ

カラー/フクシアピンク

カラー/トラッドネイビー

カラー/アジュールストライプ

カラー/モノクロストライプ

本体価格 : 50,000円 税込価格 : 54,000円
使用月齢 : 生後1ヵ月~36ヵ月まで
サイズ : [折り畳み時(最大寸法)]W510×D410×H1010mm
[展開時(最大寸法)]W510×D825×H1030mm(背面位)
W545×D955×H1030mm(対面位)
重量 : 5.4kg(ハグットシートS付)
リクライニング角度 : 115度~165度
タイヤ径 : φ165mm

SG基準(A形)適合 生後1~36ヶ月

Campaign キャンペーン

【募集期間は終了いたしました】日本全国ランフィとおでかけ! 幸せフォトストーリーキャンペーン

【募集期間は終了いたしました】新色発売記念キャンペーン!上品派?vs個性派? あなたはどっち派?

USER’S VOICE ユーザーの声

1,000人の先輩ママを対象に、ベビーカーの安全性に関する意識調査を行いました。


「子供の安全が大事」という声が1位!
  • ベビーカーを使用する上で
    大切だと思うことは何ですか?

    子どもが安全であること:55.7% 子供にとって乗り心地のよいこと:14.1% 重量が軽いこと:9.2% 折りたたみや持ち運びが楽なこと:7.9% 押しやすいこと:4.5%
  • 一番初めのベビーカーを購入する時に、
    重視したことをお選びください

    重量が軽い:58.3% 折りたたみが簡単なこと:52.3% 折りたたんだ時に自立する:48.5% 生後すぐ使える:47.5% 押しやすさ:3.5% 段差が乗り越えやすい:0.5%
8割を超えるママが、段差にストレス

ベビーカーを使用中に、
段差があってストレスを感じたことはありますか?

では、実際にベビーカーを使った後の感想は?なんと8割を超えるママが、段差にストレスを感じていることが分かりました。ママたちにとってベビーカーを買うのは、初めての経験。実際に街の中でベビーカーを使い始めてから、想像以上の段差の多さに気付くようです。店頭でベビーカーを選ぶ時はなかなか意識が及ばないものの、屋外で使い始めた後に不便さを実感する。そんな実情が伝わってきます。

よくある:27.0% ときどきある:53.6% ストレスに感じる:80.6% どちらとも言えない:10.8% ほとんどない:6.5% めったにない:2.1%
一番大変なのは車道と歩道の段差!

ベビーカーを押していて
大変だと感じた場所・環境はどこですか?

そしてさらに、少し違う角度からの質問も。「ベビーカーを押していて大変だと感じた場所・環境」を自由に選んでもらったところ、「車道と歩道の段差」という答えが約6割でトップになりました。電車やバスに乗る時、坂道を上がる時の押しやすさだけではなく、段差を乗り越えやすいことも、ベビーカー選びのとっても大切なポイントです。ストレスの少ない育児ライフを送るために、先輩ママたちの意見をぜひ参考にしてみてくださいね。

車道と歩道の段差:58.8% 電車に乗る時の隙間:52.1% 舗装がきちんと行き届いていない道路:51.3% 砂利道:45.9% バスに乗る時の段差:36.4% 坂道:35.6% マンションやビル、駅等の階段:32.8% 側溝(雨水溝)の蓋の網目や穴:31.5% 駅の改札:30.0% エスカレーター:27.1%
RAND LIST ページTOPへ
Close